カワウソの飼い方【13年間コツメカワウソをペットにしている私の飼い方】

コツメカワウソ葵

こんにちは、ぽんちゃんことAyakoです♥

水族館でカワウソの展示を見るととっても可愛く、カワウソを実際に飼ってみたいと思う方はたくさんいると思いますが、カワウソは犬や猫と違って野生動物なので、カワウソをペットとして飼育するには、それなりのリスクもあります。今回のカワウソの飼い方では、13年前からコツメカワウソをペットとして飼育している私がコツメカワウソの飼い方をお教えいたします。

我が家では、約13年前から2世代に渡って、ずっとコツメカワウソをペットとして一緒に生活をしています。

最近ではSNSやYouTube動画で大人気のコツメカワウソですが、コツメカワウソは本当にペットにできるのでしょうか?

13年前からコツメカワウソをペットとして飼育しているわたしが、コツメカワウソについての正しい飼い方をお教えいたします。

今回のブログは、コツメカワウソの飼い方の完全版として、コツメカワウソの買い方、コツメカワウソの選び方、赤ちゃんコツメカワウソの育て方、コツメカワウソのエサ、コツメカワウソの病気などなど、コツメカワウソのすべてを凝縮したカワウソの飼育のバイブルといえる情報サイトになっています。

コツメカワウソを真剣にペットとして飼ってみたい方にとっては「コツメカワウソが可愛すぎて自宅でコツメカワウソを飼ってみたいと考えていても、コツメカワウソはどこで買えるの?犬や猫などのペットを飼うのとコツメカワウソを飼うのでは、どんなところが違うの?コツメカワウソは何を食べるの?」コツメカワウソを飼ってみたい方にとって知りたいことは山ほどあると思います。

そんなコツメカワウソを実際に飼ってみたい方の疑問の答えがすべてわかる情報サイトになっています!

13年間コツメカワウソをペットとして一緒に暮らしている私の飼い方!

コツメカワウソ葵

現在GoogleとYahoo検索でカワウソで検索1位、コツメカワウソで検索3位のテレ東プラスで紹介されているのが、我が家のカワウソの竹千代と葵なんです。その記事はこちら「カワウソを飼いたい」その前に。知ってもらいたい「カワウソのホントを」大人気カワウソの飼い主さんに聞いてきた!です。

◆コツメカワウソの飼い方◆

わたしたち夫婦のように、13年間もコツメカワウソと一緒にいるとある程度はコツメカワウソという動物のことがわかってきますが、インターネットにはコツメカワウソについての間違った情報をたくさん見かけることがあります。

今回のブログの記事では、13年間に渡ってコツメカワウソと一緒にいるわたしがコツメカワウソの飼い方についての正しい情報を載せていきたいと思っています。

わたしたち夫婦のように、1度コツメカワウソの魅力に取りつかれてしまうと、普通のペットでは満足できなくなり、コツメカワウソでないと満足できなくなるほど、コツメカワウソの魅力は最高に素晴らしいものです!

それでは、コツメカワウソの飼い方について、さっそくお話しをしていきましょう!

飼い主になつく可愛いコツメカワウソの選び方

犬や猫と違ってコツメカワウソをペットにするときの個体の選び方はとても難しいです!

なぜなら、失敗してしまうと飼い主に慣れずに噛みつくコツメカワウソを選んでしまうことになるからです!

わたしの約13年間のコツメカワウソを飼育している経験からなのですが、コツメカワウソをペットとして飼育するための理想は、コツメカワウソがまだミルクを飲んでいる頃のベビーのコツメカワウソをお迎えするのがベストだということです。

コツメカワウソは犬や猫などの愛玩動物ではありませんので、人間に慣れずに成熟したコツメカワウソを人間に懐かせることは、ほぼ不可能だと考えているからです。

犬でもポメラニアンやヨークシャーテリアぐらいであれば噛まれても少し怪我をする程度でペットとして飼育を続けることは可能だと思いますが、コツメカワウソの成熟した個体に噛まれるということは、犬で言えばレトリバーぐらいの大型犬に本気で噛まれたぐらいの大怪我をしますので、もはやペットとして飼育することを考えること自体が不可能だと言えます。

以前の日本には野生動物をペットにしようとして大きな失敗をした悲劇の歴史があります。

それがアライグマのペットブームで、当時テレビアニメのラスカルから人気のペットになったアライグマは、成熟と共にほぼ間違いなく凶暴化しますので、一般の家庭で扱えるような動物ではなく、その個体が捨てられたことで現在では特定動物となり日本では飼育することすらできないばかりか、今では害獣として駆除の対象にまでなってしまいました。

野生のコツメカワウソの戦闘力はアライグマにもまったく劣ることはありませんので、人間に慣れていない成熟したコツメカワウソの個体をいくら値段が安いからといって手に入れては絶対にいけません。

アライグマと同様に飼い主も飼われているコツメカワウソもお互いが必ず不幸になる結果が待っているからです。

コツメカワウソに関しては、ミルクの頃から育てて1度飼い主にベタ慣れになった個体は基本的にずっと飼い主との信頼関係は続いていきます。

そういう意味ではコツメカワウソは、とても知能が高く頭のいい動物だと言えるでしょう。

その点では成長と共に凶暴化するアライグマとはまったく違いますし、ベタ慣れになったコツメカワウソの個体であれば、ちょっとわがままで少しだけ凶暴な猫をペットにする感覚が1番近いのかもしれません。

ひとことだけ付け加えておくと、ベタ慣れな個体でもやっぱり噛みます!(笑)

ベビーのコツメカワウソが見つからない場合の個体の選び方

次に、どうしてもベビーの個体が見つからず、ある程度成長した個体を選択すると考えた場合です。

とりあえず、選択肢の中に人間に懐いていないコツメカワウソの個体は含まれてはいません

これはSNSで知り合ったコツメカワウソの飼い主のお話しですが、現在では絶対にありえないことなのですが、昔はコツメカワウソがホームセンターで販売していたこともありました!

その時のコツメカワウソの値段が30万円で、とにかく可愛かったので即決で購入を決めてしまったそうです。

その飼い主の方は、コツメカワウソ以外にも猫を5匹も飼っているほどの動物好きでしたが、コツメカワウソが家に来てからは家の中の様子が変わってしまいました。

5匹いた猫はコツメカワウソに噛まれることでコツメカワウソを恐れるようになり、コツメカワウソが登れない高いところに全員がエスケープしてコツメカワウソがいると床に降りてこなくなりました。

仕方なく、そのコツメカワウソに一部屋を与えるようになった飼い主ですが、やはり噛まれることを恐れてコツメカワウソと触れ合うことはできません。

残念なことに、そのコツメカワウソは3歳のときに腎不全で亡くなってしまいました。

このようなケースを踏まえてみても、ある程度成長した個体を手に入れるのはとても難しい決断になります。

ペットショップで人間に慣れている個体だと言われても、そのペットショップの中でのお話しなので、環境変わっても本当に大丈夫かどうかは、実際にそのコツメカワウソを自宅にお迎えしてみないとわかりません。

もし周りにコツメカワウソをペットとして飼っている方がいるのであれば、一緒にそのペットショップまで行き、その個体を診てもらい、飼っている方のアドバイスを聞いた方がいいと思います。

コツメカワウソ竹千代

コツメカワウソを飼うための自宅の飼育設備

コツメカワウソを飼育するために必要な設備とは、コツメカワウソをお迎えするときの個体の状態によって変わってきます。

わたしのお勧めではベビーのコツメカワウソから飼育を始めるのがベストで、その後のカワウソとの信頼関係を築いていくこともスムーズにできると思います。

ベビーのコツメカワウソを飼育するための設備とは?

ベビーのコツメカワウソから飼育を始めるのであれば、写真のケースからベビーのコツメカワウソを飼い始めるのがとても便利です。

コツメカワウソ姫ちゃん

まず、中に入れておけばベビーのコツメカワウソが安全なこと、ミルクを飲んでいるベビーの期間でれば、ミルクをあげているとき以外は、ほとんどこの小さな青いゲージの中だけで問題ありません。

写真の中に確認できる白い紙切れはキッチンペーパーを手で裂いたものをたくさん入れてあります。

このキッチンペーパーは、ベビーのコツメカワウソがしたおしっこやうんちを吸収いたしますし、とにかく柔らかいので、ベビーのコツメカワウソが寝ているときのベッドにもなります。

ベビーのコツメカワウソがおしっこやうんちをする度に交換する必要がありますし、1度に交換するのも結構な量になりますので、しばらくの間は時間があればキッチンペーパーを裂く作業をすることになります。

ミルクを卒業した後のコツメカワウソを飼育するための設備とは?

ミルクを卒業した頃から、コツメカワウソは活発に動くようになってきて、いろいろないたずらをするようになってきます。

ベビーの頃だとまだ弱々しいところがありますが、ミルクを卒業する頃からどんどんたくましく、リビングなどに出してコツメカワウソと一緒に遊ぶのもとても楽しくなってきます!

しかし、リビングにはコンセントや電化製品がありますので、いろいろないたずらをすることが危なくなってきますので、コツメカワウソから目を離すことができなくなります。

そこで、不慮の事故を防ぎカワウソの安全のためにも普段はコツメカワウソをゲージに入れておく必要がでてきます。

写真はわたしのお勧めのゲージです。ゲージにもフェレット用、ウサギ用、チンチラ用などと多くの種類がありますがわたしのお勧めはチンチラ用のゲージです。

カワウソのゲージ

コツメカワウソはかなり力がありますので、フェレット用だと破壊されてしまう可能性がありますので、頑丈に作られているチンチラ用のゲージがお勧めです。

コツメカワウソはトイレのしつけの必要がなく、おしっこやうんちをさせたい場所にコツメカワウソがした排泄物を置いておくだけで、必ず同じ場所におしっこやうんちをします。

また、コツメカワウソは端っこにおしっことうんちをする習性があるので、ゲージの端っこに排泄物を置いておけば、そこでおしっこやうんちをするようになります。

わたしがお勧めのゲージは引き出し式になっていて、コツメカワウソがしたおしっこやうんちが下に落ちるようになっていますので、掃除をするのが少し楽だと思います。

コツメカワウソはトイレについては本当に楽で、リビングでコツメカワウソと一緒に遊んでいても、おしっこやうんちをしたくなれば、扉を開けておいたゲージまで戻ってからおしっこやうんちをします。

また、コツメカワウソが寝る時はゲージに閉まうのが安心なのですが、他のペットとは違ってゲージを開けて出てきてしまうので、コツメカワウソをゲージに閉まった後にさらに追加してカギをかける必要があります。

あとは、以下のサークルのようなコツメカワウソの行動範囲を制限して、危ない場所にいかないような工夫も必要になります。

ただ、このようなサークルで行動範囲を制限できるのは本当にコツメカワウソが小さなうちだけなので、すぐにこの程度のサークルであれば簡単に乗り越えてしまうようになります。

コツメカワウソゲージ

また、我が家ではコツメカワウソがキッチンに登るようになってからはキッチンの入り口に、また入ると困るような場所には、このような犬用のフェンスを設置するこも行動範囲を制限する対策の1つになります。

しかし、この程度のフェンスだと成熟したコツメカワウソだと手で握って登ることもできますし、本当にエキサイトした時はフェンスごと破壊しますので、カワウソの行動を完全に制限することはできません!現在一緒に生活をしているコツメカワウソの竹千代はわたしたち2人が座っているソファーを動かすほどの力があります。

コツメカワウソ

次は、普段はお風呂でもまったく問題ないのですが、カワウソたちがとにかく喜ぶのがプールで遊ぶことです!

犬用のものでいいので、ぜひプールは用意したいですね。ただ、膨らますタイプのものだと、コツメカワウソが噛んで、すぐに穴が開けられますので写真のようなタイプがわたしのお勧めです。

コツメカワウソプール

コツメカワウソを診てくれる動物病院が必要です。

コツメカワウソを診てくれる動物病院が近くにあるかどうかもコツメカワウソを飼育していく上で重要な問題になりますので、事前に心当たりがある動物病院にコツメカワウソを診てもらえるかの確認をしておく必要があります。

また、できれば定期的にコツメカワウソを診察しているようなコツメカワウソに対してある程度見識がある動物病院をぜひ選びたいですね。

また、旅行などが趣味の飼い主の場合には、ペットのコツメカワウソを預かってもらえる施設があるかどうかも事前に確認が必要になってきます。

あとは、コツメカワウソを飼育していく上でかかる経費についてですが、エサ代については同じ大きさの犬などよりは高くつく覚悟が必要です。

また、水道に関しては最低でも朝と夕方の2回はコツメカワウソをお風呂に入れる必要がありますので、一般の家庭と比較すると水道代もかなり高額になると思っておいた方がいいでしょう。

コツメカワウソ竹千代と葵

コツメカワウソを飼うためのエサとは

野生のコツメカワウソは、魚やカニやエビなどの甲殻類、時には昆虫や小型の動物を食べます。 

その中でも野生のコツメカワウソが食べるのはカニが圧倒的に多く、次にトビハゼやキノボリウオなどの魚類そして貝などを食べるようです。

コツメカワウソは、犬歯に当たる牙がよく発達していて捕まえた獲物を逃がさないようになっていますが、小臼歯という奥歯も良く発達しているので貝なども砕いて食べてしまいます。

しかし野生のコツメカワウソの食生活はあくまでも想像の範囲ですし、犬や猫のような一般的なペットと違ってほとんど臨床データがありませんので、水族館や動物園でさえ試行錯誤を繰り返しながらベストな食事を工夫しながらコツメカワウソに与えています。

10年ほど前であれば、同じイタチの仲間のペットであるフェレットに似ていることからフェレットフードをベースにして、さらに魚介類を与えるのがいいとされてきましたが、現在では少し状況が変わってきています。

我が家も約13年ほど前に初代のコツメカワウソをペットといてお迎えした時には、コツメカワウソを購入したインナー・シティ・ズーノアでフェレットフードがいいと聞いていたので、初代のコツメカワウソにはフェレットフードと魚やエビなどの生エサを併用して与えていました。

現在の動物園や水族館は、コツメカワウソにはヘルシーな鳥のささみ肉をベースに、アジなどの魚、そして尿路結石のケア用のキャットフードを併用して与えているところが多いようです。

我が家もコツメカワウソの飼育が2世代目になり、いろいろと試行錯誤の上に現在の食事にたどり着きました。

現在の我が家では、以下の写真のロイヤルカナンの食事療養食をコツメカワウソの竹千代と葵に毎日与えるようにしています。

コツメカワウソエサ

このロイヤルカナンの製品は、一般のキャットフードと比較すると少し値段は高くなりますが、我が家のコツメカワウソの竹千代と葵を主治医でもあり、いつもカワウソたちを診ていただいているむく動物病院のお勧めの製品で、尿路結石ができにくく腎臓にも優しいキャットフードなんです。

これはわたしの私見でもありますが、コツメカワウソの死因のうちで老衰を除くと、残りの死因の8割から9割ぐらいは腎不全でコツメカワウソが亡くなると考えています。

とくに、周りので飼っているコツメカワウソでも3歳から5歳ぐらいまでに腎不全で死亡するコツメカワウソがとても多く、逆にそれまでの期間で腎臓の疾患にかからないと10年以上は生きる個体が多いと考えています。

コツメカワウソは犬や猫と違って野生動物なので、本当に体調が悪くなるまでは、その様子を周りに悟らせないので、動物園や水族館でも飼育しているコツメカワウソが前日までは普通で、その日の朝ご飯を食べないので、担当の獣医に見てもらうと調子を崩したコツメカワウソはその日のうちに亡くなってしまうこともあるようです。そして、その場合の死因はほぼ間違いなく腎不全によるものです。先日も新江の島水族館で亡くなったコツメカワウソも腎不全だったと聞いていますし、水族館でのコツメカワウソの死因も腎不全がとても多いようです。

実は、コツメカワウソをたくさん診てきているむく動物病院のお話しでは腎臓が特別に弱いのはカワウソの仲間でもコツメカワウソだけで、腎臓の形も人間のようなお豆のような形ではなくブドウのような特殊な形をしているそうです。

逆に、カワウソの種類の中でも海で生活するラッコはとても腎臓の強い動物のようです。

腎臓が弱いところは、少しだけ猫に近いと考えられていますので、我が家では試行錯誤の結果、写真のロイヤルカナンの猫用の腎臓対策のキャットフードを毎日与えています。

わたしの周りのコツメカワウソの飼い主も基本は、尿路結石のケア用のキャットフードを与えて、その他に魚などの餌を与えている飼い主が多いようです。

コツメカワウソ竹千代と葵

コツメカワウソってどこで買えるの?

コツメカワウソがワシントン条約付属書Ⅰに掲載されたことで国内でのコツメカワウソの入手はとても難しくなりました。

現在の日本でコツメカワウソの入手を考えた場合に、インドネシアなどの原産国から外国産のコツメカワウソが完全に入手できなくなったことが1番大きな影響だと思うのですが、日本国内での取り引きも規制が厳しくなりコツメカワウソをペットとして取り引きすることが原則として出来なくなりました。

現在の日本で、コツメカワウソを入手するためには、コツメカワウソの個体ごとに合法的に入手したことを証明し、環境省に登録を行った個体でなければ取り引きをすることができなくなりました。

さて、コツメカワウソの日本国内での入手がとても難しくなったことは充分理解できたと思いますが、では現実として日本国内でコツメカワウソをペットとして購入することは可能なのでしょうか?

まず、コツメカワウソをペットとして在庫しているようなペットショップは現在の日本国内にありません。

ここからはわたしの個人的な意見になりますので、それほど当てにしないで読んでいただきたいのですが、以下のペットショップなどでコツメカワウソの赤ちゃんを購入することができる可能性があります。

まずは、我が家のコツメカワウソの葵を購入したショップについて、今から1番近い時期の購入といってもすでに3年前になりますが、現在もわたしと一緒に生活を共にしているコツメカワウソの葵を購入させていただいたショップが名古屋にあるリミックスのぺポニです。

ぺポニにも定期的にコツメカワウソの赤ちゃんが入荷していましたが、ワシントン条約付属書Ⅰに掲載されてからの情報ではありませんので、期待はできませんがコツメカワウソの赤ちゃんの購入をお考えの方はぺポニに問い合わせてみてもいいと思います。

リミックス名古屋インター店(ぺポニ)
〒480-1144  愛知県長久手市熊田506
0561-65-5792

コツメカワウソの小太郎と姫ちゃんを購入させていただいたインナー・シティ・ズーノアは、以前は定期的にコツメカワウソの赤ちゃんが誕生していて販売をしていたのですが、もう何年間もコツメカワウソの販売をしていませんので、現在は難しいかもしれません。ただ、大きな情報網を持っているペットショップなので1度訪れてお話しを聞くのもいいと思います。

インナー・シティ・ズーノア
横浜市金沢区白帆4-3 (横浜ベイサイドマリーナ内)
045-778-1234

ちなみにコツメカワウソの竹千代は、八潮にあったビーボックスの紹介で購入したのですが、ビーボックスは既に閉店してしまいました。竹千代の出自については今でも謎に包まれています!

ここまでが我が家のコツメカワウソを購入したペットショップの情報になります。

そして、ここからはわたしのカワウソ仲間が購入したペットショップのリストになります。

まず、水戸熱帯魚センターで、このショップも定期的にコツメカワウソの赤ちゃんが生まれていますので、現在でもコツメカワウソのベビーの販売をしている可能性があります。

水戸熱帯魚センター
〒310-0813 茨城県水戸市浜田町392-1
029-227-3689

次が、東京大田区にあるピュアアニマルで、ここもワシントン条約付属書Ⅰに掲載される以前は定期的にコツメカワウソの赤ちゃんが入荷していましたが、現在の状況はわかりませんので、1度問い合わせてみるのがいいと思います。

ピュア☆アニマル
〒143-0024東京都大田区中央7-16-17
03-3755-9897

場所は関西になりますがペットショップマリンもエキゾチックアニマルを扱っているショップで、以前はコツメカワウソの赤ちゃんが入手できるペットショップでしたが、現在の状況はわかりませんので、1度問い合わせてみるのがいいと思います。

ペットショップマリン
〒660-0077 兵庫県尼崎市大庄西町3ー11−6
06-6418-0343

あとは、我が家からもとっても近い池袋にあるカワウソカフェのコツメイトも実際にコツメカワウソの赤ちゃんが誕生しています。ただ、実際にコツメカワウソの赤ちゃんを販売しているかどうかは不明ですので、1度カフェに訪れてみたお話しを伺ってみてはいかがでしょうか。

コツメイト 池袋サンシャイン店
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目29-4
03-6907-2668

次がコツメイトと同じ池袋にあるうさぎカフェのmimiですが、ここもコツメカワウソの赤ちゃんが誕生しています。ただ、実際に個体を販売をしているかは現在は不明ですので、ぜひ1度カフェに訪れてみて直接問い合わせてみるといいと思います。

池袋うさぎカフェmimi
東京都豊島区東池袋1-13-9烏駒第2ビル
070-5079-3841

他にわたしがよく耳にするのが静岡にあるノーザンみしまで、ここもワシントン条約付属書Ⅰに掲載される以前は定期的にコツメカワウソの赤ちゃんが入荷していましたが、現在の状況はわかりませんので、1度問い合わせてみるのがいいと思います。

ノーザンみしま
静岡県三島市幸原町2丁目5-20
055-987-4085

ここまでがわたしが思い当たるコツメカワウソの赤ちゃんが入手できる可能性があるペットショップだと思います。

どこのショップもコツメカワウソの赤ちゃんは、予約での販売になっていますので、お願いして入荷するのを気長に待つしかないというのが現状になります。

コツメカワウソ竹千代

コツメカワウソの臭いについて

コツメカワウソをペットとして飼ってみたいと思う方が気になることの1つが、コツメカワウソの臭いについてではないでしょうか?

水族館や動物園でコツメカワウソを見に行って展示のエリアに近づくと結構臭いと感じることが多いと思います。

しかし、SNSやYouTube動画を見るとコツメカワウソはリビングなどに放し飼いにされていますし、普通に一緒にベッドで寝ている飼い主の方もいます。

では、どちらが正しいのでしょうか?

コツメカワウソを水族館で見られた方は、けっこう臭いがすると感じた方もいるかと思いますが、それは当然のことで、水族館ではコツメカワウソを割と冷たい水で飼育されているのに対し、家庭でペットとして飼育されているコツメカワウソは毎日何度も暖かいお風呂に入ります。

コツメカワウソに限らず、他のカワウソやカワウソ亜科のラッコもそうでですが、水族館で見ると身体の表面が油っこく光って見えると思います。

あの油にはけっこうきつい匂いがありますが、家庭で飼っているコツメカワウソは毎日お風呂に入りますので、身体の表面の油の臭いは取れてしまいます。

そして、コツメカワウソの臭いに関して水族館や動物園のように主食を生の魚にすると排泄物を含めて臭いはきつくなる傾向がありますので、ペットとしてコツメカワウソの臭いを考えるのであれば主食はキャットフードなどの方がいろいろな意味で臭いを抑えられると思います。

インターネットにはウソの情報があふれています。とよく言いますがコツメカワウソの情報についてはまさにその通りで、コツメカワウソに臭腺があって匂いが酷いとか書いているネットの記事を見たことがありますが、今まで4匹のコツメカワウソのを飼ってきましたけど、実際に我が家では臭腺の臭いを感じたことはほとんどありません!

この情報は記事を書いた方がカワウソをフェレットと勘違いして書いた記事なのではないでしょうか。

また、わたしたちの周りにはコツメカワウソを飼っている仲間がたくさんいますが、臭腺のことが話題になることもあまりありませんし、臭腺の除去手術をされた飼い主はわたしの周りには一人もいません。

わたしの夫が以前に臭腺の除去手術を行ったフェレットを飼っていたことがあるのですが、夫によるとフェレットよりはコツメカワウソの方が臭いがないそうです。

ただ、コツメカワウソにもたくさんの飼われている個体がいますので、臭腺の臭いがきつい個体がいるのかもしれませんが、わたしはそういった個体に会ったことはありません。

また、これはわたしの経験なのですが、コツメカワウソの葵を我が家にお迎えする少し前に、あるブリーダーさんから少しコツメカワウソのメスを預かったことがあるのですが、その子は今まで会ったコツメカワウソの中では1番体臭がきつかったので、個体によってはかなり臭いのある子もいるというのも事実です。

ということで、自宅でペットとして飼っているコツメカワウソは、毎日お風呂に入っているという前提であれば、水族館でコツメカワウソの臭いを経験した皆様が想像しているほどの臭いはありません。

わたしのカワウソ仲間の飼い主様の中にはコツメカワウソを放し飼いにして一緒に寝ている方も多いと思います。

コツメカワウソ小太郎

コツメカワウソの寿命と病気について

コツメカワウソの寿命については、インターネットで調べると10年から15年と書かれていることが多いのですが、コツメカワウソの寿命については、とても奥が深く簡単に何年ぐらいと決められることではありません。

仮に、コツメカワウソが老衰で亡くなると考えると、大体10年ちょっとというのが一般的な寿命で15年生きたらかなり長寿なコツメカワウソになります。

そして、ここからはインターネットなどにも書いていないことなのですが、多くのコツメカワウソが3年から5年以内に死亡します。

これは、わたしの周りで飼われているコツメカワウソのうちで、わたしが知っている限りで9頭のコツメカワウソが3年程度で亡くなっています。

これは、ほとんどペットといて飼われていないコツメカワウソの頭数からすると、かなりの確立になると思います。

そして、そのほとんどのコツメカワウソが腎不全という腎臓の病気で亡くなっています。

この傾向は他の種類のカワウソにはまったく見られないことで、コツメカワウソだけの特有なことのようですが、野生のコツメカワウソにも同様な傾向があるかどうかはわかっていません。

また、コツメカワウソは犬や猫と違って野生動物なので、本当に体調が悪くなるまでは、その様子を周りに悟らせないので、動物園や水族館で飼育しているコツメカワウソが前日までは普通に食事をしていたのに、その日の朝ご飯を食べないので、担当の獣医に見てもらうと調子を崩したコツメカワウソはその日のうちに亡くなってしまうこともあるようです。

水族館や動物園、また最近のコツメカワウソの飼い主のほとんどが、尿路結石のケア用のキャットフードを積極的にコツメカワウソに与えているのも、腎臓への負担を考えてのことという理由があるからなんです。

逆に言えば、この3年から5年を乗り切ったコツメカワウソは、少なくとも10年以上は生きることがほとんどですし、わたしの感覚では腎臓が弱い個体はエサだけでどうなるわけではなく、少し残念な言い方なのかもしれませんが生まれた時から長く生きるのが難しいのかもしれません。

それは、兄弟のカワウソの両方が短命に終わることが多いという事実も、そういったことの裏付けになっていると思います。

ただ、せっかくコツメカワウソをペットとして飼ったからには、最善を尽くしたいという気持ちがどの飼い主様にもあることだと思いますので、我が家もそうですが尿路結石のケア用のキャットフードを積極的にコツメカワウソに与えているのも大切な家族の一員であるコツメカワウソたちが一日でも長く生きてもらいたいと思っている気持ちの表れだと思います。

コツメカワウソ竹千代

コツメカワウソはおしゃべりでうるさいです

水族館などでは、カワウソの声を聞くことはあまりありませんが、一緒に生活をしていると以外にうるさいのがコツメカワウソです。

マンションなどで、犬や猫を飼う場合にも考える必要があることですが、コツメカワウソを飼う場合にもしっかりと考える必要があることが、コツメカワウソの鳴き声の問題になります。

この鳴き声の問題は、犬や猫を飼育する場合も同じですが、遮音性が低いマンションなどでは苦情が出る恐れがありますので、事前に周りの部屋で犬などを飼育していて音の問題がないかの確認は必要になると思います。

犬の吠える声や猫のさかりなどの声もうるさいですが、コツメカワウソには12種類程度の言葉があり、とてもよくしゃべります。

また、コツメカワウソがしゃべっている時の声にもトーンの違いがあり、やっぱりお腹が空いたとか、遊んで欲しいといった強い要求のときに鳴き声がうるさくなる傾向があります。

ただ、コールダックやワライカワセミといった、かなりうるさいと言われる動物たちと比べれば全然ましだとは思いますが、これは比較対象が参考になりませんね。

とりあえず、コツメカワウソの鳴き声に関しては犬や猫が問題なく飼える環境であれば、コツメカワウソを飼っていても問題が起きるようなことはないと思います。

次に、近所迷惑に関しては犬や猫レベルだとお話しをいたしましたが、飼っている側にとってコツメカワウソの鳴き声に関してはどうなのでしょうか?

飼い主にとって、コツメカワウソはいろいろな意味でうるさい動物だと思います。

とにかく、よくしゃべりますし飼い主に対してもたくさんの要求をしてきます。

また、これは実際に飼ってみないとわからないことなのですが、発情期になるとメスの方がうるさいと思っておいてください。

コツメカワウソ竹千代

コツメカワウソと暮らしてみて

コツメカワウソのような野生動物をペットにすることは、いろいろと批判を受けることもありますし、いろいろと大変な部分もありますが、その以上にコツメカワウソと一緒の生活は魅力に溢れていると感じています。

わたしがコツメカワウソがこんなに大好きになったのは、やっぱり最初に飼ったコツメカワウソの小太郎との出会いがあったことに尽きると思います。

コツメカワウソの小太郎は腎不全で亡くなってしまい、たった3年しか一緒にいられなかったのですが、とにかくコツメカワウソの小太郎は穏やかでしたし、頭もよく、一緒にいてもいつもわたしに最高に楽しい時間を過ごさせてくれました。

もし、小太郎が怪我をするような噛み方をするようなコツメカワウソだったら2度とコツメカワウソを飼うことはなかったと思います。

そして、コツメカワウソの小太郎に会えたから、現在一緒に生活をしている大好きなコツメカワウソの竹千代にも会えたんだと思っています。

わたしの周りのコツメカワウソの飼い主たちを見ていても、凄く楽しんでコツメカワウソとの生活をしている飼い主さんもいますが、逆にとっても苦労している飼い主の方もいらっしゃいます。

コツメカワウソによっては、飼い主を噛んでしまう個体もいますので、もし飼い始めたコツメカワウソが噛むようだと、やっぱり大変なことの方が多く、思っていたようなコツメカワウソとの生活ができない可能性もあります。

コツメカワウソをペットといて飼うことの1番大きなリスクは、コツメカワウソの個体の性格に尽きると思います。

割りと穏やかなコツメカワウソの個体に当たれば、犬や猫といった普通のペットと比べても少し噛むぐらい(もちろん甘噛みのことです。)で一緒に生活していて、一緒にお風呂に入れることができるといったプラスのことの方が多いと思います。

コツメカワウソはとっても知能が高い動物ですが、やっぱり野生動物なので、たとえば犬のラブラドルレトリバーを飼っても飼い主を噛む個体に当たることはありませんが、コツメカワウソの場合は飼い主を噛んでしまう個体に当たってしまうリスクだけは避けることができないと思っています。

本当に運任せになる部分もありますが、わたしが今回の記事でお話しをしたコツメカワウソの個体の選び方を実践していただければ、かなり高い確率で飼い主に懐く可愛いコツメカワウソとの出会いができると思いますので、とにかくコツメカワウソの個体の選び方が1番大切だと思ってください。

とにかくちゃんと飼い主とコミュニケーションができるコツメカワウソの個体に出会うことができれば、コツメカワウソと一緒の生活は大変なことも少しはありますが、コツメカワウソは間違いなく素晴らしい時間を飼い主に過ごせてくれるとても大きな存在感のあるペットだと思います。

わたしたち夫婦のように、1度コツメカワウソの魅力に取りつかれてしまうと、普通のペットでは満足できなくなり、コツメカワウソでないと満足できなくなるほど、コツメカワウソの魅力は最高に素晴らしいものです!

現在ではペットにすることも難しくなってしまったコツメカワウソですが、もしコツメカワウソをペットとしてお迎えすることができた運のいい飼い主の方が、わたしたち夫婦のように楽しく素晴らしいコツメカワウソとの生活ができることを心から願っています。

長い文章を読んでいただきありがとうございました。

それでは、ぽんちゃんことAyakoでした

コツメカワウソ葵
Ayako

カワウソブログの運営者のAyakoからのご提案です。

◆ブログでお金を稼ぐ近道も◆
私は忙しい子育てママですがブログでお金を稼いでいます。
ブログでの副業のメリット
◆毎月ブログから収入を得ることができます。
◆自分磨きや子供の習い事を増やしてあげられます。
◆ノートパソコン1つでどこでも自由に仕事ができます。

ブログはご自身で始めれば初期費用がかからずノーリスクで始められる忙しい子育てママや会社員の方におすすめの副業です。しかし、わたしはブログの知識がなくお金を稼げるようになるまでに多くの試行錯誤をしてしまいました。ワードプレス設定とSEO、商品の売り方などが難しい方に、ブログ制作からブログでお金を確実に稼げるまでのコンサルティングをしています。ご相談は無料ですが、ご相談の前にぜひ1度ご覧になってください。ブログでお金を稼ぐ近道とは?

ぽんちゃんセレクトショップ

ポンセレ

ぽんちゃんセレクトショップへようこそ

ぽんちゃんセレクトショップは、わたしがデザインした竹千代と葵のオリジナル商品を始め、カワウソ関連の可愛い商品を取り揃えております。気になった商品があればぜひご購入していただければと思います。 Ayako♥

ぽんちゃんセレクトショップはこちら♥