カワウソのオスとメス!カワウソを飼うなら絶対にオスがお勧めです!

こんにちは、ぽんちゃんことAyakoです。

コツメカワウソを飼ってみたい方にとって、コツメカワウソのオスとメスのどちらを選んだ方がいいのかはとても興味がある方が多いのではないでしょうか?実は犬や猫と違ってコツメカワウソにはオスとメスで大きな違いがありますので、その違いをわたしが解説いたします。

我が家では、約13年前からコツメカワウソをペットとして飼育しています。

今回のぽんちゃんのカワウソブログでは、コツメカワウソのオスとメス!コツメカワウソを飼うなら絶対にオスがお勧めです!というテーマで13年前からコツメカワウソをペットとして飼育しているわたしがお話しいたします。

これを読むとコツメカワウソのオスとメスの違いについての情報を知ることができます。

コツメカワウソのオスとメス!ペットとして飼うなら絶対にオスがお勧めです!

コツカワウソ竹千代

現在GoogleとYahoo検索でカワウソで検索1位、コツメカワウソで検索3位のテレ東プラスで紹介されているのが、我が家のカワウソの竹千代と葵なんです。その記事はこちら「カワウソを飼いたい」その前に。知ってもらいたい「カワウソのホントを」大人気カワウソの飼い主さんに聞いてきた!です。

コツメカワウソのオスとメス!メスには大きなデメリットがあります!

犬や猫だとオスを選ぶのかメスを選ぶのかでは、それほど大きな違いを感じることはないというのが一般的ではないでしょうか?

しかし、動物病院の先生方に言わせると、犬や猫でもやっぱりオスとメスで明確な違いがあるそうです。

それが野生動物になるとかなり顕著になってくるようで、ミーアキャットなどではメスを飼うと発情期などではかなり凶暴になることが普通だそうです。

それでは、コツメカワウソの場合なのですが、我が家のコツメカワウソのメスの葵が2歳半ぐらいになったときに、わたしをいきなり襲ってくるようになりました。

それまでは、1度も噛まれたことがないぐらい温厚だった葵に襲われて怪我をさせられたことはとにかくショックでした。

ちょうどメスとして成熟した頃にわたしと竹千代が仲がいいことに嫉妬して、わたしのことを襲うようになったと推測されますが、本当のところはわからないというのが正直な気持ちになります。

嫉妬という気持ちから相手を攻撃対象にするといったことは、犬や猫などではほとんど聞いたことがないので、コツメカワウソがかなり高度な感情を持つ動物だということの証明だと思うのですが、飼育している側からすると、とても厄介な状況でもあります。

このことを悩んだわたしたち夫婦は、名古屋でコツメカワウソを長く飼育している有名なアンコとパンチの飼い主でもある福地さんにそのことを相談したところ、メスのカワウソが成熟した頃に凶暴化するのは我が家に限ったことではなく、とても多くの方から相談を受けているというお話しを聞いてとても驚きました。

確かに、動物病院の先生からご自身で飼っているコツメカワウソのメスがそれまでは1度も噛んだことがない温厚な性格だったのにもかかわらず、3歳になった頃にいきなり襲われて大怪我をさせられたことがあり、そのメスは13年間飼っている間近くに寄ることもできなかったと話しをされていました。

わたしたち夫婦は、その話しが珍しいことだと思っていたのですが、まさかわたし自身の身に降りかかってくるとは考えもしませんでした。

また、その動物病院で葵の話しをしたところ、やはり他でもこういったケースはとても多いようで、正直葵はゲージに入れるなどの方法を考え、ご自身が怪我をしないように配慮をして、おそらく葵が元の状態に治ることはないと思いますと話しをされていました。

他のコツメカワウソのメスもそうらしいのですが、襲うターゲットは決まっているケースが多いようですが、中には不特定多数に攻撃を仕掛けるケースもあるようです。

今回の我が家のコツメカワウソのメスの葵も攻撃するのはわたしだけで、主人や娘にはまったく今まで通りの温厚な性格で、わたしが近くにいく時だけ飛びかかってくるようなとても危険な状態でした。

現在の我が家のコツメカワウソのメスの葵は、ほとんど前の状態に戻ってコミュニケーションも普通に取れるようになり、触ることもできるようになりました。

わたしが葵がほとんど前の状態に戻った話しを、アンコとパンチの飼い主である福地さんにしたのですが、福地さんの知る限りでは凶暴化した状態から普通の戻った例は、葵が初めてのケースで、今まで聞いたことがないと話しをされていました。

また、動物病院でも同じ話しをしましたが、動物病院の先生もとても驚いていました。

ちょっと余談になるのですが、コツメカワウソが凶暴化して困っているのは、コツメカワウソを飼っている飼い主はもちろんのこと、カワウソカフェなどでもとにかく頭を悩ましていることのようで、コツメカワウソの葵が元に戻ったことについて、どうやって普通の状態に戻すことができたのかといった相談を受けることがありました。

こういった成熟した頃に凶暴化するのは、基本的にコツメカワウソのメスに限ったことで、オスは甘えん坊がずっと続いていくだけなので、もしこれからコツメカワウソを飼おうと考えているのであれば、お勧めは絶対にオスになります。

また、これは我が家の見解になりますが、オスの方が遊ぶことを工夫したり、いたずらをしたり、モノを破壊したりするなど、オスの方がメスよりもいろんな意味で頭がいいと思います。

我が家の葵のようなケースを体験したり、他のコツメカワウソを飼育している方からの話しを聞くとコツメカワウソをペットとして飼う場合には、オスのコツメカワウソを赤ちゃんの頃から単独で育てていくことが1番リスクのない方法だとわたしは考えています。

コツメカワウソのオスを赤ちゃん方から育てていて、途中から性格が変わるようなことは我が家では1度もありませんでした。

約13年間という長い期間を一緒に生活をして、少しはコツメカワウソのことを理解した気になっていましたが、葵のことを経験したことで、コツメカワウソはとても複雑な動物なんだという印象をさらに持つことになりました。

今回のぽんちゃんのカワウソブログは、かなり深いレベルのお話しで、動物園や水族館の環境は一般の家庭とはコツメカワウソを飼育する環境が違いますので、コツメカワウソ担当の飼育員さんでもわからないぐらいの内容だと自負しています。

以下は、我が家だ生活を共にしているカワウソたちの竹千代と葵の可愛い写真になりますので、ぜひご覧ください。

コツメカワウソ葵
こんな可愛い顔をしてわたしを襲ってきた葵さん♥
コツメカワウソ竹千代
歯ブラシを大事そうに抱える可愛い竹千代♥
コツメカワウソ竹千代と葵
まるで洗濯機のようにグルグル回る竹千代と葵♥

ぽんちゃんのカワウソブログは、コツメカワウソを飼ってみたいという方に向けて、コツメカワウソの飼育についてのノウハウを発信しています。

ぽんちゃんのカワウソブログが、少しでも読者の皆様にカワウソという動物の素晴らしさが伝われば、わたしはとても幸せな気持ちです!

それでは、ぽんちゃんことAyakoでした。

See you next blog!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!