カワウソの多頭飼い!それこそ恐怖体験ができます!【カワウソ飼育ブログ】

コツメカワウソ竹千代

こんにちは、ぽんちゃんことAyakoです。

我が家では長きに渡りコツメカワウソをペットとして飼育していますが、1匹でも大変なコツメカワウソをカワウソカフェなどでは多頭飼いをしてますので、その苦労は想像を遥かに超えて大変だとの話も直接伺っています。

我が家では、約13年前からコツメカワウソをペットとして飼育しています。

今回のぽんちゃんのカワウソブログでは、カワウソを飼ってみたい方とはちょっと話題が離れますが、コツメカワウソをペア以上の複数での飼育についてのお話しをいたします。

コツメカワウソが1匹でも大変なのに、それが3匹以上なると本当に大変なことが起こります!13年前からコツメカワウソをペットとして飼育しているわたしがその恐怖体験についてのお話しをいたします。

これを読むと、コツメカワウソの多頭飼いについての大変さがよくわかると思います。

ペットのコツメカワウソの多頭飼い!それこそ恐怖体験ができます!

現在GoogleとYahoo検索でカワウソで検索1位、コツメカワウソで検索3位のテレ東プラスで紹介されているのが、我が家のカワウソの竹千代と葵なんです。その記事はこちら「カワウソを飼いたい」その前に。知ってもらいたい「カワウソのホントを」大人気カワウソの飼い主さんに聞いてきた!です。

カワウソカフェで起きた事件などでカワウソの多頭飼いの大変さがわかります。

一般の方にとってコツメカワウソを複数飼育するということは、まったく縁がないお話しだと思います。

しかし、水族館やカワウソカフェ、またカワウソのブリーダーさんなどは、みなコツメカワウソを複数飼育している施設が多いと思います。

わたしが発信しているぽんちゃんのカワウソブログでは、コツメカワウソを飼育するならオスのコツメカワウソをベビーの頃から育てるのが飼い主とコツメカワウソのコミュニケーションを考えると最良の飼育方法だと何度も書いています。

コツメカワウソのメスは幼いときはオスよりも大人しい個体が多いのですが、成熟した途端危なくなる個体が多いというお話しも何度もいたしました。

これが、オスとメスのペアで飼うケースになると、我が家でメスの葵がわたしに対してだけ凶暴化したケースのように、メスが凶暴化するケースはまったくレアなケースではなく、本当によくあるケースなので、コツメカワウソをペアで飼うだけでもオス一匹を飼育する場合よりずいぶんとリスクが高くなります。

これがペアを超えて複数のコツメカワウソを飼育するとなると、それは恐怖体験といってもいいぐらい難しく、とても大変なことだと言えるでしょう!

まず、ブリーダーさんのお話しでは、複数飼育している環境の中に、後で追加したコツメカワウソの個体が殺されることはレアなケースではないようです!

また、カワウソカフェの話しでも他のコツメカワウソの尻尾を食いちぎった個体がいるなど、とにかくコツメカワウソが複数になればなるほど、野生の本能が強くなりますので、我が家が竹千代一匹を飼育していたような人間とカワウソが仲良く、コツメカワウソの竹千代が眠くなった時にわたしのお腹の上で寝るような、そんな優しい関係を築くことは絶対に不可能だと思います。

基本的には、コツメカワウソは凶暴な肉食動物なので、とっても愛らしい外見とはかけ離れた本能があるということは、コツメカワウソを飼育する上で、やはり認識しなければならないことなのかもしれません。

カワウソカフェや水族館などでも、コツメカワウソの凶暴性にはとにかく苦慮しているようで、水族館でコツメカワウソのエサやり体験などのイベントはありますが、コツメカワウソを触ったりするイベントがほとんどないのは、コツメカワウソに噛まれる事故が起きる可能性があるからなのです。

今回のぽんちゃんのカワウソブログのテーマであるカワウソの多頭飼いについては、コツメカワウソの頭数が増えると二乗で飼育の危険性が上がり、噛まれる事故も増える可能性も大幅に高くなります。

今まで13年間もコツメカワウソを飼っていているわたしが言うのもなんですが、カワウソカフェでコツメカワウソを抱っこできると言われても子供のカワウソ以外だと、お金をもらっても抱っこはしたくないと思っているのが本音になります。

以下は、我が家で一緒に暮らしていて1度も本気では噛まれたことがないコツメカワウソの小太郎と竹千代の写真です。

コツカワウソ竹千代
スーパーいたずらマシーンの竹千代さん♥
コツメカワウソ小太郎
我が家で飼ったカワウソで1番温厚だった小太郎さん♥

ぽんちゃんのカワウソブログは、コツメカワウソを飼ってみたいという方に向けて、コツメカワウソの飼育についてのノウハウを発信しています。

ぽんちゃんのカワウソブログが、少しでも読者の皆様にカワウソという動物の素晴らしさが伝われば、わたしはとても幸せな気持ちです!

それでは、ぽんちゃんことAyakoでした。

See you next blog!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!