カワウソの気になる抜け毛事情!ブラッシングと生え変わりはあるの?

コツメカワウソ竹千代

こんにちは、ぽんちゃんことAyakoです♥

ラッコは地球上で1番手深い動物と言われていて、ラッコ一頭の毛の数で1万人近い人間の髪の毛と同じと言われると、その毛の多さがよくわかると思います。

さて、ラッコはカワウソの1種なので、コツメカワウソの身体にも信じられないぐらいの量の毛が生えています。

犬や猫をなどのペットを飼育する上でかなり気になることの1つが、ペットの毛が抜けて部屋にたくさんの毛が落ちることで部屋が汚れることや部屋の掃除が大変になることではないでしょうか!

犬や猫でも毛が抜けて大変なのに、その数倍の毛の量があると予想されるコツメカワウソの抜け毛で部屋はどんな状況になるのでしょうか?

我が家では、約13年前からコツメカワウソをペットとして飼育しています。

今回のぽんちゃんのカワウソブログは、コツメカワウソを飼育する上で気になるペットの抜け毛についてのテーマでお話しをいたします。

また、我が家のコツメワウソたちの可愛い写真も載せますので、ぜひ楽しんで読んでくださいね!

ペットを飼うことのデメリットの1つが抜け毛ですがカワウソは?

ソファーでくつろぐ竹千代♥

現在GoogleとYahoo検索でカワウソで検索1位、コツメカワウソで検索3位のテレ東プラスで紹介されているのが、我が家のカワウソの竹千代と葵なんです。その記事はこちら「カワウソを飼いたい」その前に。知ってもらいたい「カワウソのホントを」大人気カワウソの飼い主さんに聞いてきた!です。

他のペットと同じようにコツメカワウソにブラッシングは必要なのか?

今回のぽんちゃんのカワウソブログは、ペットの抜け毛ということで、なかなか興味深いテーマのお話しです!

まずは、ペットと言えばワンちゃんですが、犬は1平方cmあたりの毛の量は犬種にもよっても大きく違いますが数百本から多い犬種で数千本くらいの毛が生えているそうです。

猫は犬よりも少し多く1平方cmあたり1万本ほど生えているのが平均だそうです。

以前のブログでもお話ししたかもしれませんか、カワウソの毛は1平方cmあたりに6万本もの毛が生えています!

コツメカワウソは、ものすごい毛の量で、地肌はまったく見えないくらいびっしりと毛が生えています。

さて、まずはペットを飼っていると日常の作業にもなっているブラッシングについてのお話しです。

犬や猫などのペットを飼っていると、ブラッシングって必要なイメージですよね?

犬や猫をブラッシングするのは、いらない毛を取ることとペットの身体をマッサージをする効果があります。

コツメカワウソを初めて飼った時に、わたしはカワウソにはブラッシングが必要だと思っていました。

でも実際にコツメカワウソを飼ってみると、かなり毛が生えているにもかかわらずブラッシングは必要ありませんでした。

当たり前ですが、カワウソは野生で生活しててもブラッシングされることはありませんよね。

コツメカワウソの体毛は、ラッコと同じよう表面の茶色い毛と中にある繊毛のような白い細かい毛のダブルコートになっています。

コツメカワウソは猫の6倍もある毛量の割りには、お風呂から出た後も驚くほどすぐに乾くので驚きました。

コツメカワウソはお風呂からあがると、タオルの上で仰向けになって自分の身体をタオルの上でウネウネとしながら乾かします。

しかも、こんなことで乾くのかと思うのですが、思いのほか速く乾くことに驚いてしまいます。

動物園や水族館の展示スペースでも麻袋の上でゴロゴロしているのを見ることができます。

そういった行為は、コツメカワウソにとってブラッシングの代わりなっているみたいです。

ブラッシングは基本的には必要ないのですが、他の飼い主の飼っている個体によってブラッシングが好きなカワウソもいますので、ブラッシングをしてあげると喜ぶかもしれません。

ちなみに我が家のカワウソたちの場合はブラシをおもちゃだと思っちゃってます。

先日コツメカワウソの葵は娘のReinaにブラシをされて喜んでました。

その様子を見ていて、後から気づいたのですが、カワウソの葵はブラシをされたかった訳ではなくブラシのおもちゃが欲しかったみたいです!(笑)

コツメカワウソを飼っていて気になる抜け毛について!

水族館や動物園で見ている動物たちも季節によっては夏毛や冬毛に生え変わる種類もいますよね!

それでは、カワウソには夏毛や冬毛はあるのでしょうか?

自宅で飼育しているコツメカワウソには季節によって毛の状態に変化はありません!

さて、家の中で犬や猫といった動物を飼育していると床などに毛が落ちているとかなり気になりますよね?

ブラッシングのお話でもしましたが、犬や猫はブラッシングをすることで抜け毛を取ったりもしますが、カワウソの場合には毛がたくさん生えているけれど、実はほとんど手が抜けることがなく、家で気になる程の抜け毛はありません。

季節の変わり目に、コツメカワウソの体毛が落ちていることもありません。

イメージ的に犬や猫でも毛の抜けづらい種類がありますが、それよりも毛が抜けないって感じです。

もちろん、まったくではありませんが、本当に気になるほどではありません。

コツメカワウソから抜けた毛が洋服に付くということもありません。

コツメカワウソを飼育する上では抜け毛に関しては気にならないので、掃除もほとんど気になりません。

毛が気になるのは水浴びの後に水の上にある毛と、お風呂から出た時に身体を拭いたタオルぐらいです。

基本的には水浴びとその後の身体を拭くことで余分な抜け毛を取っているので、部屋の中が抜け毛だらけにならいというわけです。

ブラッシングも必要なく、いつもコツメカワウソは毛並みが良く、身体が乾いている時に触るともちろんふわふわをしています。

以下の画像は、我が家のコツメカワウソの竹千代と葵ですが、身体が乾いている時に触るとコツメカワウソはほんとに触り心地がいいんですよ!

すべすべな感じの竹千代♥
ふわふわな触り心地の葵♥

今回のぽんちゃんのカワウソブログは、カワウソを飼育する上で気になるブラッシングや抜け毛についてのお話でした。

コツメカワウソは、たくさん毛が生えていますが、抜け毛はほとんど気にならないということです。

ぽんちゃんのカワウソブログは、コツメカワウソを飼ってみたいという方に向けて、コツメカワウソの飼育についてのノウハウを発信しています。

ぽんちゃんのカワウソブログが、少しでも読者の皆様にカワウソという動物の素晴らしさが伝われば、わたしはとても幸せな気持ちです!

それでは、ぽんちゃんことAyakoでした。

See you next blog!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!